企業に精神ケアは必要|重症化させない為にサプリを飲ませる|発達障害に効果のあるアイテム

重症化させない為にサプリを飲ませる|発達障害に効果のあるアイテム

ナース

企業に精神ケアは必要

男性と女医

復職には許可が必要

企業には複数の従業員が所属して、円滑な業務運営を図っています。つまり、業務効率は労働環境の影響を受けやすく、状況次第で労働者は肉体的な支障や精神的な不調を抱える可能性があります。したがって、社会的な安定性を向上させるために、企業から選任された産業医が従業員の健康管理を行っています。そのため、従業員に不調があれば、休養等を指導できる権限を持っています。更に、復職する際にも、産業医の許可が必要です。一般的に休職中は治療に努めて、個人的に受診しだ病院のサポートを受けて改善に至ります。その結果、社会的に健康と認定されても、労働現場に戻れる体調とは限りません。そのため、定期的に産業医と面談して、復職の相談が大切です。

一定規模で選任がいる

産業医は、従業員の健康管理を維持する役割があります。そのため、すべての労働現場で必要性はありますが、法的な義務は50人以上の従業員が常時働いている企業に限られています。つまり、規定人数以下の小規模な事業所では、選任する必要はありません。ただし、自主的に健康管理に努める必要はあります。一方で、3000人以上の大企業では、2人以上選任することが義務付けられています。なお、従業員数次第で、専属として勤務する規定も設けられています。産業医は毎月1回労働現場の確認等を通じて、労働環境の衛生向上や作業方法の改善等を図ります。ただし、直接的な権限はないので、不具合があった場合には管理者に対する提案や助言等を通じて間接的に状況の改善を図ります。